おせち料理

グルメ

重箱に美しく盛り込まれたおせち料理が食べられるようになったのは、明治以降といいます。(ルーツは奈良時代まで遡る)

節句や節会に出される料理が「お節」で、節句の中で最も重要な「正月」になることから、正月料理→「おせち料理」として現在に至る。

昔は、家庭でもおせち料理を作り、「火を通したもの」中心の煮物や黒豆、数の子などが盛られますが、地域性も色濃く出る郷土性が高い料理とも言えるでしょう。

近代では、自宅でおせち料理を作る事が減り、替わりに通販のおせち販売が一般化しました。販売数も6万食を一年のおせち料理だけで販売するところもあるようです。

おせち予約申込ページ【和洋折衷3段重・生おせち重詰め(村上・生おせち)】

一流料亭の料理長が監修し作成されることが多く、大晦日辺りに自宅に届くというシステムが、現代にマッチしたようです。また、ふるさと納税でもおせち料理は人気の返礼品のようです。

おせち料理の通販予約の早割は毎年9月を過ぎるとはじまり、11月ごろにはピークを迎えます、この時価格は早割の何割か増しになっての販売になるので、消費者の方は早割を上手に使っておせち料理を予約するようです。

2018おせち早割情報